形は ほぼ 胴締めです。

 

口辺の 山並みは やや なだらかです。↑

 

 

黒釉の テリ は 光沢が あります。

黒の釉の下に 柿色の 釉が 見え隠れしています。

画像は 反射していますが 汚れでは ありません。 問題ナシ です。

やや 荒い土で 細かい 砂混じりです。

見込み 状態 良好です。

 

茶盌144 三代 中村道年 黒楽  茶盌 95000円 共箱
胴径12.5cm 高さ8.7cm

作は 三代 中村道年 さん。

三代 中村道年 さんの 茶盌のなかでも とくに 出来の良い 茶盌です。

姿、 形、 色、 大きさ ともに お手本的な 茶盌の 仕上がりで ございます。

こまかい ご説明は 上の各画像に 添付しておきましたので それを お読みください。

結論として 非常に 無難な お茶盌で ございます。

比較的 焼きも 固めですから 茶会で 乱暴に 扱っても 耐えうるでしょう。

とは いうものの 大事に してください。

状態 良好です。

つよく おすすめ 申し上げます。

 

3代 中村道年 1938(昭和13)年〜1988(昭和63)年
3代中村道年は2代中村道年の長男として名古屋に生まれました。
本名を良太郎といいます。
愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父に師事して楽焼に専念しました。
1973(昭和48)年、3代中村道年を襲名しました。
父の志した光悦風茶碗を主体に独自の作風を打ち立てました。
1984(昭和59)年に今日会の同人となって裏千家との繋がりを持ち、
表千家と裏千家に重宝されました。
 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz