茶碗94 あかね窯 岡田華渓 もみじ絵 茶碗 16万円 共箱
        鵬雲斎 箱書
胴径12.5cm 高さ8cm



作は 京都 女性 陶芸家 bP の 岡田華渓 さん。

粟田焼を 今も継いでいる 焼物一家 です。

ひたすら 綺麗な 茶碗。

全体を 金砂子で うめつくし

その上を 色とりどりの モミジを 舞い散らせて います。

例えようもない 美しさです。

状態 良好です。

鵬雲斎宗匠の 箱書も きれいです。

強く おススメ申しあげます。

 


岡田華渓
大正10年生まれ、17世紀から製陶に携わってきた岡田家に生まれ日本画家の井上正晴に師事します。
京都東山で『茜窯』として茶陶を制作。官休庵との繋がりが深く千家の書付もゆるされました。
女性ならではの優しい目線でとらえた繊細な造りが魅力的です。

数多くの作品を手掛ける中で、より美しくより華麗な作風を目指しつづけている陶芸家です。
鵬雲斎大宗匠お好みの盛金花鳥絵水指、鳳凰絵水指、祇園守平茶碗などが代表的な作品として知られていますが、
その独特の感性から導き出される美しい作品が多々あります。

岡田華渓は日本画の井上正晴に師事をしていたことでも有名です。
日本画という陶芸とはまた違ったジャンルでの研究を続けたことで、独特な世界観を陶芸の世界に詰め込む事に成功し、新たな世界を築きました。

京都東山にあかね窯を開いており、茶陶を中心とした制作を始めていくこととなります。

 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz