直しが あります。
中皿(チ)約8ミリ です。

T93 打出焼 阪口砂山造 南天棒老師好 楽酒器10客 ¥100.000.-
共箱 能画 猩々図 藤つる紐 H16 径9.5

万代までの 竹の葉の酒 酌めどもつきず


三段に分かれます。酒器となっていますが、ソバとソバつゆ、信玄弁当のように使うとか、色々楽しみが広がります。何よりも南天棒老師好、というのが嬉しいです。

中原南天棒

臨済宗の僧。諱は全忠、別号に白崖窟。
十一才で得度、隠山・卓州両派下の二十四人の
老師に師事する。西宮の海清寺・八幡の円福寺に住み
禅風の高揚に努める。常に南天棒を持って人に接
したことから、南天棒と呼ばれた。
大正十四年没。八十七才。

 


芦屋打出焼
兵庫県芦屋市打出町に明治39年に琴浦焼の創始者和田九十朗正隆が斉藤幾太に協力し創業。
打出焼は京焼系の窯で 坂口庄蔵(砂山)が作陶後 坂田淳の時に閉窯。
九十朗の次男・正兄(まさえ)は明治43年19歳のころ桐山と号して窯に従事し
琴浦焼(現・尼崎市桜木町)の初代桐山となる。

1933年7月与謝野鉄幹・晶子が、京都・四国・堺などの歌人と共に
打出焼を訪ね一同が歌の批評を行った後、
打出焼の素焼きに与謝野夫妻が歌を記すという企画が催され、
与謝野夫妻の書いたお皿が来会者への贈り物となった。
鉄幹はこの芦屋訪問の1年9ヶ月後に亡くなった。

南天棒老師(西宮 海清寺)とも親交あつく 南天棒好みの酒器なども 制作する。

茶陶 打出焼 阪口砂山  
このページは、打出焼 阪口砂山の作品をご紹介します。
打出という所は、兵庫県芦屋市にあります。当店から西へ、車で5分ほどです。
最寄の駅としては、阪神電鉄の打出駅です。
明治から昭和にかけて、親子二代で作陶していましたが 現在は廃窯となっております。 阪口砂山の茶陶は、大変魅力あるもので、是非、皆様にご覧頂きたく このコーナーを新設いたしました。ご高覧頂ければ幸いです。
 ひなや福寿堂

 

 

 

お問合せは、ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器17 
 

このページに直接入られた方は こちらから TOP  へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ