器2 金海寶船 初代 真清水蔵六 3万円 共箱
大きさは 画像を ご覧ください。

桐箱 変色あり。

お菓子にも 料理にも 最高です。
通の 器!

そうそう お花も どうですか
それこそ 福寿草でも、、、、、

鉢の状態 良好です。

強く おススメ申しあげます。
 


全体 白釉に僅か ピンクがかっています。
箆目 すこぶる 快活。
口の周囲 起伏多し。
やや 深め。


(表)金海寶船 (裏)文久ニ戌夏午 真清水蔵六製 印。

 

文久2年(1862年)、横浜郊外の生麦村で大名行列に遭遇・闖入(ちんにゅう)したイギリス人を薩摩藩士が惨殺した事件が発生。 前代未聞のこの事件は、その後イギリス、幕府、薩摩藩の思惑を絡めながら幕末動乱、徳川幕府の瓦解(がかい)、そして明治維新に至る歴史の激流を産み出す契機となっていきます。
と風雲急を告げる この頃 蔵六さんは 悠々と 土を 捏ねています。
人間 万事塞翁が馬 あれも人生、これも人生。
さあ 明日の茶事は どんな料理に しましょうか?
なんか 楽しくなってきたな!

きんかい【金海】
〘〙名 高麗焼(こうらいやき)の一つ。朝鮮の慶尚南道金海から産出した茶碗。薄作りで不透明な白色で、薄赤色の斑があり、茶人が珍重するもの。キンパイ。〔和漢三才図会(1712)〕

←参考画像

 


右側が 舟の舳先です。


高台の外径は 8cm 立上り低し。

小さな印。

 

TOP