掛軸と茶道具の卸店 ひなや福寿堂です。

高足膳、 飯碗、 煮物椀、 吸い物椀、 汁椀、 菓子碗、 

以上六点、 各40客あります。

五客ずつ入る 春慶塗りの箱が 八個あります。

大きさは 標準です。

 

汁次など 懐石道具です。

 

飯櫃と その台。

 

  

御膳の箱 8個です。 寸法36×36cm 高さ19cm。  蓋裏↑

 

懐石道具 二箱。                      

 

器3 川合漆仙 鳳凰唐草蒔絵 会席揃え 40客 400万円 共箱
           
他に 汁次などの 懐石道具も あります。

作は 名工 川合漆仙 さん。

川合漆仙さんは 二代近左のお弟子さんです。

その 河合漆仙 の 最高傑作です。

やく60年ほど前のもので おそらく 御大典を記念して

作られたものです。

40客揃え。

全部あります。

懐石道具は 二揃えです。

春慶塗の箱は 全部で 10箱。

明細は 文章では書ききれませんので

現物を 必ずご覧ください。

状態 良好です。

強く おススメ申しあげます。



川合漆仙
二代近左の弟子。大阪の塗師で官休庵の作品を数多く手がけた名工。
「織部好芽張柳棗写し」など多数の優品を 残している。
愈好斎の好み物の製作として、大正10年に「飛騨曲水指」の蓋が先ず記録に残っている。

 

 

参考資料

会席揃え
茶事で使う 四つ椀とか 云々というものですが
そのサイズとか 塗とか 色々あると思うので 基本的なことを 整理しました。

飯器 蓋径24(八寸) 口径22.6(七寸五分) 全体H10cm(三寸五分)
湯桶 口から手まで 最大幅 24.8(八寸) H13.7(四寸五分) 蓋直径15(五寸) 口径13.5cm(四寸五分)
飯箆 最長長さ23.5 幅7 手長さ13.2cm
杓 最長23.5(八寸) 杓径7.4 厚10.4(三寸五分) 手長さ21.2cm(七寸)
丸盆(大)径24(八寸)H2.1cm(七分)
丸盆(小)径22.6(七寸五分)H2.1cm(七分)

ややこしくなって すみません。
尺貫法でいけば 実寸が とても想像しやすいのです。
殆ど 5単位で把握していけます。
メートル法で いくと 1.4cm とか 8.3m とか、、、 でも ピンときません。
どうも 出来ないのでしょうか。
もう 見直しても いい時期だと 思うのですが。
尺貫法でなければ 茶とか 日本とか いうものは 理解しにくいのです。  ブツ ブツ

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz