一ケ所 釉の剥がれあります↑

 

器41 十一代 楽吉左衛門 コス(呉須)写 四方入小皿  10万円 共箱
胴径8.5cm 高さ2.5cm

作は 楽慶入。

珍しい皿です。

四方入の皿。

五客。

地色は 香炉釉(白釉)のこと。

茶色で 呉須で描いています。

一客だけ かどっこに マッチの頭ほどの釉の欠落あります。

あとはオッケイです。

なので 状態 良好といえます。

格安にておススメ申し上げます。

 

十一代 慶入(文化14(1817年) - 明治35年(1902年)) 丹波国南桑田郡千歳村(現京都府亀岡市千歳町)の酒造業・小川直八三男。十代婿養子。弘化2(1845年)に家督相続。明治維新後、茶道低迷期の中、旧大名家の華族に作品を納めるなど家業維持に貢献。

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz