蓋の 合口 やや カタカタします。

 

器50 中里重利 唐津 絵刷毛目鉢  5万円 共箱
胴径25cm 高さ11.5cm(蓋を含む)

作は 中里重利 さん。

中里重利 さんは 中里無庵 さんの息子さんです。

さすがに 血統を感じさせる作風です。

上手です。

小判型の口に 両耳がついています。

内側は魚の絵 。

外側は唐草で 磁州窯の雰囲気です。

蓋は 塗り蓋。

上等です。

さて ところで箱書には 鉢とおかきになっていますが

私の見たところ 菓子鉢もいけますが

無理して 水指もいけるとおもいます。

料理を盛っても素晴らしいです。

使い道が 多くて楽しみです。

状態 良好です。

強く おススメ申しあげます。

 

中里重利 
昭和 5年 中里無庵(人間国宝)の三男として生れる
昭和27年 日展初入選
昭和31年 現代日本陶芸展松坂屋賞受賞
昭和40年 日展にて「三玄」壷特選北斗賞受賞
昭和41年 日展無鑑査になる [灰釉」壷御買上げ
昭和44年 日本現代工芸美術展無鑑査となる
昭和48年 古唐津技法研究の為唐津市神田山口に築窯
昭和50年 日本現代工芸美術展文部大臣賞受賞
昭和55年 日本新工芸展楠部賞受賞
昭和60年 佐賀県芸術文化功労賞受賞 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz