箱 虫食い跡 あります↑                                   軸先 竹 割れています。↑

 

絵176 林文 うつぎ 自画賛 25000円 共箱
掛軸寸法24×183cm
本紙寸法22.5×102.5cm

本紙は 紙本。

細物にて 姿良し。

絵 賛ともに 京都の 林文

達者な人です。

俳句は くらま路は 皆軒ひくく うつき咲く

ウツギ というのは こんな花です。

何とも良い風情ですね。

そして 渋団扇に キリギリス。

そこへ この俳句ときたら まあ見事です。

ところで くらま路 というのは こんなとこです。

ここでいう くらま路 というのは おそらく 鞍馬寺 → 貴船 という コースではないかと 思うのですが
今、現在の 「鞍馬街道」 というのは 以下のような 道順で ございます。

出雲路橋を渡って鞍馬口通を東に進むと、下鴨本通に出る手前で、南北の通りに突 き当たります。この南北の通りが「鞍馬街道」(今の下鴨中通)です。

ここでいう 出雲路橋 というのは  出雲路橋(いずもじばし)
 京都からの出口は出雲路橋になる。このあたり一帯は、まだ平安京などが出来る前に、 出雲(現在の島根県の東半分)から山城国に引っ越してきた集団が住み着いた土地で、出雲郷と呼ばれていた。
 「出雲路」といえば出雲へ向かう道のように考えがちだが、出雲の 氏族から付けられた名前である。

京都のここです。

まあ いずれにしましても ゆっくり 散策しましょう。

ところで 貴船に はな、、、 という 料理やが あるんですがねぇ 、  ビックリなんですよ。
高いのなんのって ちょっと いけませんよ。 はぁ 、、、、、
あれ 何なんですかねぇ。

表具は 裂表具。

一文字 松文金襴
中廻し 雲文 どんす 
天地   不明  
軸先   竹
箱    桐

やや シミ折れあります。

強く おススメ申しあげます。 

 

 

出雲路橋を渡って鞍馬口通を東に進むと、下鴨本通に出る手前で、南北の通りに突 き当たります。この南北の通りが「鞍馬街道」(今の下鴨中通)です。

  出雲路橋(いずもじばし)
 京都からの出口は出雲路橋になる。このあたり一帯は、まだ平安京などが出来る前に、 出雲(現在の島根県の東半分)から山城国に引っ越してきた集団が住み着いた土地で、出雲郷と呼ばれていた。
 「出雲路」といえば出雲へ向かう道のように考えがちだが、出雲の 氏族から付けられた名前である。

 鞍馬口の石碑
 京都から周辺の地域へ延びる街道の出入口は、地名に「口」という文字がついており、 この鞍馬街道の出入口は「鞍馬口」と呼ばれていた。それを示すように、出雲路橋のたも とには「出雲路鞍馬口」と刻んだ小さな石碑が建っている。

 

うつぎ【空木・卯木】
ユキノシタ科の落葉低木。山野に自生。高さ1、2メートル。葉は狭長楕円形で対生する。幹は中空。梅雨の頃、白色の五弁花を円錐花序につける。垣根などに植え、材は木釘きくぎ・楊枝ようじなどにする。うのはな。
 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

具、します。  鑑定見積り  無料です。  お気軽にどうぞ   

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz