f11 初代 吉向 絵替り うちわ皿 五客  23万円
     七代 十三軒 吉向 極め箱
胴径26cm×18.5cm 高さ5cm

 

作は 初代 吉向

ほぼ 江戸後期のもの。

傑作です。

団扇の形。

梅の絵が 四枚。

松の風景の絵が 一枚です。

よく 割れずに 残っていたものです。

 

七代吉向の 目に留まり 箱を作って 箱書を してくれています。

これで 今日まで 無事だったんですね。

1客 ニュウありますが

総じて 非常に 状態 良好です。

強く おススメ申しあげます。


 

それぞれ 大きさが僅か違います。

 

初代行阿(ぎょうあ)作 七代十三軒 吉向鑑之 印。

 

 

吉向治兵衛(きっこうじへえ)(初代) (1784 〜 1861年)

大坂から全国に名を馳せた陶芸家


江戸時代の大坂の“やきもの”には生産・作家活動ともに見るべきものがない中で、初代吉向治兵衛の存在は特筆に値する。その活動は大洲藩の御庭焼(大名などが自分の趣向に合わせて城内や邸内に窯を築き焼かせた陶磁器)を初め、全国6カ藩に窯を築くなど広範囲に及び、数多くの作品は、「東京国立博物館」、「大阪市立美術館」、「滴翠美術館」、信州須坂「田中本家博物館」「ボストン美術館」、「ミュンヘン民族博物館・シーボルトコレクション」、「モントリオール美術館・クレマンソーコレクション」等、内外に所蔵されている。現在は、八代吉向十三軒窯と九世吉向松月窯の2家に別れ、各々活発に作家活動を行い大阪の文化活動の一翼を担っている。

陶芸家初代吉向治兵衛は、通称亀次、元の名を戸田治兵衛という。号は十三軒、俳名は松月、法名は行阿(ぎょうあ)。伊予国大洲上灘村(現在の愛媛県大洲市)で生まれ、父戸田源兵衛の姉婿に砥部(とべ)焼の土器職人帯屋武兵衛がいた。陶芸家治兵衛の源流である砥部焼は、大洲藩9代藩主加藤泰候(やすとき)の肝いりで完成した白地に藍色の模様を施した磁器である。治兵衛は砥部焼の技法を身につけた後、享和年間(1801〜1804)、修業の旅に出て京都へ入り、楽家9代了入の指導を受ける。現代の吉向窯にも楽の伝統が継がれており、さらに初代清水六兵衛、初代高橋道八、浅井周斎などの京焼の名手に指導を受ける。元大坂の豪商で南山焼の創始者浅井周斎からは、独立して窯を開く許可を受けた。

文化元年(1804)、治兵衛は人目に付きやすいところを求めて、祇園の元芸者であった妻さとの実家があり、当時交通の要衝であった大坂の十三の渡しの近くに窯場を設けた。
20歳のときである。初めのうちは、旅人相手の土産品を売ったが、基盤ができると砥部から良質の土を取り寄せ、茶碗などの日用品から置物、飾り物と徐々に本格的な焼き物を製作する。これに自分の幼名「亀次」にちなんで、「亀甲焼」と命名したのが当たり、長寿の象徴で縁起が良いと往来する参勤交代の大名の目に留まるようになる。

十三村にて開窯していた時代(1817年、33歳頃)、愛顧を受けた代官岸本武太夫の紹介で、当時の寺社奉行水野忠邦(後の大坂城代)の依頼により、11代将軍家斉の慶事に当たり金魚鉢と鶴と亀の食籠(じきろう)(蓋物の菓子鉢)を製作、上納した。家斉はこれをいたく気に入り、面目をほどこした忠邦は治兵衛に対し、亀甲に因んで「吉向」の窯号と金印・銀印を与えた。吉向を紹介した岸本武大夫も面目をほどこし、祝意を表して当時著名な歌人で能書家の加茂季鷹に「吉向」の二大文字の揮毫を委嘱し贈っている。現在、その書は八代吉向十三軒により所蔵されている。よって、文政2年(1819)37歳頃から吉向姓を名乗るようになった。

陶名大いに上がった吉向治兵衛は、文政2年(1819)出身地の大洲藩主加藤泰済の御庭焼を興し、同10年(1827)大和小泉城主八世片桐貞信に招かれ、瓢形「十三軒」印を拝領した(瓢箪は初代石州流祖片桐貞昌の号浮瓢軒に由来する)。これより「吉向十三軒」を名乗った。また、天保10年(1839)、貞信の参勤交代に随行し、江戸屋敷で窯を築く。これに先立つ天保5年(1834)、石州流の流れをくむ岩国藩主吉川経禮に招聘され、藩窯の多田焼を再興した。

弘化2年(1845)信濃須坂藩主堀直格の招きで須坂に入り窯を築く。江戸で還暦を迎え行阿と号した。松代藩、津山藩(江戸屋敷)等の御庭焼も務める。

作品は、楽に始まり交趾(こうち)染付等があり、鶴・亀等の彫塑的な作品にも妙技を発揮した。鶴と亀の食籠は初代吉向治兵衛の代表作として残っている。その後治兵衛は江戸に定住する決意をし、「隅田川焼」と称する焼き物を始めるが間もなく文久元年(1861)に死亡した。墓所は本誓寺(東京都江東区)。没年は満77歳であるが、生年を天明3年(1783)とする説がありこれによると満78歳となる。


 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz