20 千家十職 11代 奥村吉兵衛 金砂子 唐松 腰風炉先屏風 40万円 共箱
        而妙斎(宗員) 在判 箱書 (本間用)
一枚の幅94cm 高さ73cm 腰の高さ27cm

作は 千家十職 11代 奥村吉兵衛 さん。
さすがに 綺麗な 風炉先屏風ですね。


縁は 黒真塗り、僅かに スレあります。
腰は 若草色の襖地に 本金砂子と 唐松の 型押し。

正確には 型紙で 唐松の絵を 糊で おいて その上に 金箔を 載せています。

豪華ですね。

表側は 状態 良好です。
裏は 銀のモミ紙。経年のための 変色あります。


而妙斎さんの 在判は 宗員 落款 です。
共板は 而妙斎さんの 箱書。
これだけの 風炉先屏風は なかなかありません。
バブル当時ではなくて つい 5,6年まえでも 100万円近く しておりました。
安くなったものです。



十一代 吉兵衛(明治34年(1901年)〜)十代・吉次郎の長男。

縁は 黒真塗り、僅かに スレあります。
腰は 若草色の襖地に 本金砂子と 唐松の 型押し。

而妙斎さんの 在判は 宗員 落款 ↑

共板は 而妙斎さんの 箱書。

十一代 吉兵衛 箱書

裏は 銀のモミ紙です。↑  経年のための 変色あります。

十一代 吉兵衛 黒印。

箱は モミ、 袋あり。

 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz