k30 十三代 惺入造 交趾ザクロ写 香合 22万円
      覚入 極め箱
      鵬雲斎 箱書
胴径6cm 高さ5cm

 

作は 十三代 惺入 。

覚入 極め箱 。

交趾ザクロ写 香合。

この香合は ザクロですから 口切りですが 

子孫繁栄と言う意味で 節句の5月 

そして 午年の 使えますが 縁起物ですので 祝儀の席はオッケーです。

二重箱で 眼鏡箱。

状態 良好です。

格安にておススメ申し上げます。

 

 

東2段目10位 形物香合番付
交趾 柘榴(ざくろ)

柘榴の果実のような合子形の胴を三つの窓に区切る襷があり、窓の中に馬の浮紋がある。
番付頭註に「黄フン」とあり、黄フンは黄色のフンドシで別称「黄襷」ともいい、三つ割襷の部分が黄色のものを最上とする。
その他紫フン、黄馬、紫馬などがあり、地は青が多い。底に「成」の字が見られる。三つ割襷間に色替りのものある。
『茶道筌蹄』に「丸にて甲にへたのやうなるものあり筋三すぢありて・・・黄へきりの内紫地もへぎ花黄又黄雲のすぢ地もへぎ花黄」とある

 

十三代楽吉左衛門(惺入)(1887〜1944)明治20年〜昭和19年
十二代長男。釉薬、技法の研究を歴代中最も熱心に行い、また、樂家家伝の研究を行う。
昭和10年〜昭和17年にそれらの研究結果を『茶道せゝらぎ』という雑誌を刊行し発表。
 

 

窯キズあります。↑外から

 

内側から↑

 

 

 

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

 

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz