あえていえば 胴締め形。 まあ お手本的な 形です。

全釉。

 

茶碗114 大樋年朗 黒茶碗  25万円 共箱
         鵬雲斎 箱書
胴径12.5cm 高さ8cm

作は 現在 10代大樋長左衛門さんの 襲名前の 作です。

約 50年ほど前の物。

状態 良好です。

あえていえば 胴締め形。 まあ お手本的な 形です。

大きさ、重さ ともに 標準。

全釉。

胴の下部に 釉のタマリが あって 景色良し。

鵬雲斎宗匠の 箱書が ありまして、

二重箱。

次第 完璧です。

どうも 使っていないように おもえます。

格安にておススメ申し上げます。

 

 

大樋年朗 おおひ-としろう
1927− 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和2年10月28日生まれ。加賀楽焼(らくやき)の大樋焼9代大樋長左衛門の長男。昭和25年日展に初入選,57年文部大臣賞。この間の44年金沢美術工芸大教授。60年花三島飾壺「峙(そばだ)つ」で芸術院賞。62年10代長左衛門をつぎ,平成2年大樋美術館をひらく。11年芸術院会員。石川県陶芸協会会長,日展常務理事審査員などをつとめる。16年文化功労者。23年文化勲章。石川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は奈良年郎。著作に「楽焼の技法」。

 

 

このページに直接入られた方は こちらから TOP へ お帰りください。

します鑑定見積り無料です。お気軽にどうぞ、、、

お問合せは、
ひなや福寿堂 TEL.FAX 0798−26−2553 へお願いします。
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町7-6
http://.hinaya.biz
E−mail:info@hinaya.biz